電話を導入する

ウーマン

一つの方法として

ビジネスフォンを導入する際、購入の他にリースという選択肢があります。今回は、リースのメリットを幾つか紹介します。まず、一つ目に固定資産税の支払い義務が無い点です。理由は、機器の所有権をリース会社が持つからです。そのため、節税につながります。二つ目は事務の合理化が図れる点です。上記の税金の申告だけでなく、資金調達、償却処理、保険の手続きなどは全てリース会社が引き受けます。そのため、煩わしい業務の効率化が促進できます。三つ目は、必要な機器を全て揃えてくれる点です。ビジネスフォンは、電話機本体だけで使う事が出来ません。最低でも主装置1台、電話機が1台必要となります。それを全て揃える事が容易になります。四つ目は、保険が適用となる場合、損害保険による保証を受けることが出来る点です。火災や盗難があった場合に補償を受けることができます。五つ目は購入資金が掛からない点です。ビジネスフォンは安いもので1万円程度から売っています。ですが、それを10台購入すると10万円になります。その他に主装置の購入、電話線の工事を含めると負担は大きくなります。ですが、リースの場合は導入工事代金の支払い及び、主装置と電話代・諸経費を含めた金額を毎月支払うだけとなります。そのため、初期費用を安く抑えて電話の導入をすることが出来ます。六つ目は最新機器を使えることです。着信拒否がしやすいもの、容量の多い電話帳機能など、今の電話機には様々な機能が付いています。その機能を使用することにより、事務の効率化を図ることが出来ます。以上のことからビジネスフォンのリースには非常に多くのメリットがあることが分かります。